トップページ | NIC評判のサポート体制が留学を成功に導く »

2012年10月11日 (木)

評判のNICと留学の成功

 
 

留学をしたけれども、
現地の大学を卒業できない。

数多くの留学成功体験の裏に、
実は数多くのこうした悲劇が実際にはあるのです。

その中でも特に多いのが、
現地の大学の授業スタイルについて行けなくなったというものです。
海外の大学では、「自発的」に考えることが何よりも重要視されます。
しかし、日本のように「受動的」な授業に慣れている人間が
急に「自発的」に考える授業を受けても理解することが困難で、
結果的に授業について行けなくなったということになってしまうのです。

こうした悲劇を経験しないためにも、
必要になってくるのは、良好な成績を、
留学後もコンスタントに維持していくことなのです。

アメリカの大学は日本の大学とは違い
入学に関しては比較的簡単だとも言われています。

しかし、一方、単位取得に関しては、
日本より厳しい
のが事実です。
日本のように事業に出なくても、
単位を取れるようなことはないのです。
いかに授業に積極的に参加したか
海外の大学では大きく評価されるのです。

こうした中、NICで学んだ留学生は、
その多くが留学先でも良い成績を維持していると、
現地でも評判になっています。

具体的には、大学全体の平均値が2.8なのに対し、
NIC出身留学生の平均成績は3.5と、その平均を
大きく上回っているそうです。

留学生の本来から持つモチベーションや、
能力も要因でしょうが、やはり大きいのは、
NICで特に評判の「転換教育」だと思われます。

NIC出身留学生は、評判の「転換教育」の中で、
「自分の頭で考え、それを表現する能力」クリティカル・シンキング
そして、「大学の授業で必要な英語力」アカデミック・スキル
を身に付けることで、現地の授業にも戸惑うことなく、
スムーズに慣れていくことができるようになっているのです。

留学後、そのまま現地で就職をしたいと考える学生も多いと思います。
しかし、海外で就職する場合、日本のように面接だけという場合は少なく、
大学の成績を提出させる場合がほとんどだと評判です。

つまり、大学の成績が悪ければ、現地の就職でも不利といえます。

NICの留学生は事前にしっかり準備したこともあってか、
留学先の大学からの評判もとても良く、
就職活動も有利に運んでいるようです。
就職先も大企業から官公庁まで幅広く、
様々な場面で活躍していることもまた、
NICの評判に繋がっています。

スムーズに授業になじみ、良い成績を得て、就職を有利に進める、
そのためには、評判のNICを利用しない手はないでしょう。

この記事を見て、
NICでの留学やカリキュラムに持った方は是非、
HPを覗いてみてはいかがでしょうか?
よりNICからの留学のイメージが沸くと思いますよ。



トップページ | NIC評判のサポート体制が留学を成功に導く »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1773400/47401907

この記事へのトラックバック一覧です: 評判のNICと留学の成功:

トップページ | NIC評判のサポート体制が留学を成功に導く »

無料ブログはココログ